強打の盛岡大付打線に14安打された沖尚だったが、堅守で大量失点を免れた。 四回に2点を失い、なおも1死一、二塁と追加点のピンチ。二ゴロを二塁手の長濱諒、遊撃手の仲宗根皐が鮮やかな併殺プレーを見せ、危機を脱した。 七回裏無死一塁では、投手前へのバントを當山渚がつかんで二塁へ送球。