内閣府の沖縄振興審議会総合部会専門委員会が23日に公表した最終報告は、自立型経済の発展に向けて、競争力のある産業の振興や県内企業の「稼ぐ力の向上」を基軸とする方向性を打ち出した。