沖縄県宮古島市長選で争点の一つとなった自衛隊配備を推進する立場の下地敏彦氏が当選したことで、今後、宮古島では施設建設など配備計画に拍車が掛かりそうだ。県幹部は「配備反対を訴えた候補を支持した市民の声を無視してはならない」と述べ、政府に地元の声を丁寧に聞く姿勢を求めた。