在沖米海兵隊は26日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県)に保管していた有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などを含む汚水を、浄化して下水道に放出を始めたと発表した。県は沖縄防衛局や外務省沖縄事務所を通じ、排水の中止を求めた。

米軍基地内の国旗

 県には午前9時過ぎに連絡があり、9時半ごろから放出しているという。

 海兵隊によると、浄化した汚水のPFOSとPFOA(ピーホア)の濃度は、1リットル当たり2・7ナノグラム。日本の基準は同50ナノグラム。日本政府や県、海兵隊は7月に浄化した汚水のサンプルを採取。3者でそれぞれ濃度を調査し、公表する予定だった。

 県や宜野湾市は焼却処理を求め、排水を認めていない。

 宜野湾市によると、同市は26日午前9時半ごろ、県からのメールで放出を知った。松川正則宜野湾市長は沖縄防衛局や外務省沖縄事務所に電話で確認。「今からでも放出を止めたい」と伝えた。