新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は26日、脱炭素化に取り組む企業を政府が支援する2兆円の基金について、水素の製造やサプライチェーン(供給網)構築のための技術開発や実証事業に3840億円を充てると発表した。ENEOS(エネオス)や川崎重工業などを事業者に選定した。