名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖で23日、海上保安官が新基地建設に反対する市民の船を立ち入り禁止区域(臨時制限区域)の外で拘束した。市民側は「疑わしいから拘束というなら、戦前の特高警察による予防拘禁と同じだ」と批判した。