沖縄県は26日までに「第7回世界のウチナーンチュ大会」に向けて公募した大会キャッチフレーズの最優秀賞に「うちなーのシンカ、今こそ結ぶ世界の輪」を選んだ。コロナ禍の今、「シンカ」(仲間)こそ真の価値(真価)というメッセージを込めた。那覇市の眞榮城佳名恵さん(35)の作品。