コザ高校で運動部主将の男子生徒が顧問から日常的に叱責(しっせき)され自殺した問題で、沖縄県の玉城デニー知事は27日午前の会見で、第三者調査委員会を県総務部総務私学課に設置すると発表した。委員を選任中で、9月下旬に第1回会合を開く方針。再発防止に向けた提言のとりまとめを求める。

(イメージ写真)教室

 知事は「このような事案を二度と繰り返さないために調査委員会では公平、中立の観点から先入観を持たずに事実を調査していただきたい」と述べた。

 県の三者委では改めて事実関係を調査し、県教育委員会の三者委では調査できなかった事象なども調べる方針。最終的に提言としてまとめ、知事の意思決定の参考とする。

 委員は弁護士や教育関係者、児童心理の専門家など7人程度を予定しており、9月中旬には選任する。