核の先制不使用 敵の核攻撃を受けない限り、核兵器を使用しないとする政策。「核なき世界」を唱えたオバマ元米政権は2016年、「核兵器の役割低減」につながるとして採用を本格検討したが断念した。当時副大統領だったバイデン氏は支持していた。先制不使用に近い「唯一の目的」政策もある。