真珠湾攻撃 太平洋戦争の発端になった旧日本軍による米国への奇襲攻撃。1941年12月8日(現地時間7日)、米ハワイ・オアフ島の真珠湾にある米軍基地や艦隊を戦闘機などで攻撃し、米側は戦艦アリゾナなどが沈没、約2400人が死亡した。日本側は航空機29機などを失い、約60人が死亡したとされる。米国は日本に宣戦布告し、「リメン...