沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ、紙芝居で「斬る」 元空自の奥西眞澄さん制作

2017年1月28日 16:00

 元航空自衛隊の奥西眞澄さん(77)が制作した紙芝居「オスプレイを斬る」の完成会見が22日、那覇市久茂地の東アジア共同体研究所琉球・沖縄センターであった。29日、同研究所の定例勉強会で披露される。オスプレイの問題点を紙芝居で細かく説明している。

オスプレイの危険性を紙芝居で訴える奥西眞澄さん=22日、那覇市・東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター

 奥西さんは航空自衛隊でF104J戦闘機のテストパイロットなどを16年、民間航空会社でも機長などを41年務めた。

 昨年10月の模合でオスプレイの危険性について聞かれ、紙に書いて説明したところ「分かりやすい」と好評だった。「もっと多くの人に見てもらうことで、オスプレイの怖さを分かってもらえるのでは」と紙芝居にすることを決めた。

 紙芝居では、オスプレイにはオートローテーション(自動回転)機能が欠如しているなど、欠点を説明。「オスプレイはなぜ落ちるのか。場所さえ提供してくれれば、いつでも出向いて紹介したい」と話した。固定翼モードに変換する時、「気流がとても不安定になり、ここでトラブルが起これば対処できない」と危険性を訴えた。

 29日の定例勉強会は午前11時から同研究所で。会費300円(学生無料)。問い合わせは同センター、電話098(963)8885。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS