ニクソン・ショック 米国時間の1971年8月15日、当時のニクソン米大統領が金とドルの交換停止を電撃的に発表し、世界経済や金融市場に激震を与えたこと。「ドルショック」とも呼ばれる。輸入を制限してドルの海外流出を減らすため、輸入課徴金を導入する...