【東京】岸信夫防衛相は27日の記者会見で、在沖米海兵隊が普天間飛行場で保管していた有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などを含む処理水を放出したことに関し、「処分方法を含めて日米間で協議している中で、放流は極めて遺憾」と述べ、米側に中止を申し入れたと明らかにした。小泉進次郎環境相も同日の記者会見で遺憾の意を示し、米側に抗議したと明かした。

記者会見で、米側の処理水放出に遺憾の意を示す岸信夫防衛相=27日、防衛省

(関連)約1分で分かる 「PFOS」とは?【里子記者が手描きイラストで解説】

 米海兵隊は26日午前、PFOSなどを含む汚水を浄化した上で、下水道へ流したと発表。県や宜野湾市は焼却処分を求めており、処分方法を日米で協議している最中だった。

 米側の一方的な放出について、岸氏は「本当に遺憾の意を強くしている」と苦言。引き続き放流中止を申し入れ、適切な措置がとられるよう米側と協議をしていく考えを示した。

 小泉氏は「これまでの公共用水域への流出事案などもあり、沖縄では大変不安に感じている」と指摘。適切な処理に向け、関係省庁や県と連携して対処していくと述べた。

(関連)米軍、県の抗議を拒否 PFOS汚水ほかにも保管

(関連)「責任あるベターな選択だ」と米軍

(関連)「県民の気持ちどう受け止めているのか」与野党超えて抗議