在沖米海兵隊が、米軍普天間飛行場から有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などを含む汚水を浄化し、下水道に放出した問題で、予定していた全約6万4千リットルを26日に流し終えていたことが27日、分かった。本紙取材に明らかにした。日本政府や県、宜野湾市が放出中止を求めていたが、応じなかった。県は同日、海兵隊が抗議の申し入れを拒否したため、「意見交換」という位置付けで謝花喜一郎副知事が事実上、抗議した。防衛省によると、普天間飛行場にはなお、PFOSなどを含む汚水が保管されている。海兵隊は残量を明らかにしていない。

米軍基地内の国旗

 謝花氏は米軍キャンプ瑞慶覧を訪れ、在沖米海兵隊政務外交部長のニール・オーウェンズ大佐と会談した。

 謝花氏によるとオーウェンズ氏は、汚水を日本の暫定目標値・指針値内に浄化しており「日本環境管理基準(JEGS)にも適合し、適正にやっている」と主張し、抗議は受け付けないとした。放出したことに対する明確な謝罪はなかった。

 日米両政府で処分方法について協議を続けている中での放出について、在沖米軍だけではなく、在日米軍や日本国外の米軍としての判断と説明したという。

 謝花氏は「見切り発車で断じて許せない。処理されたものとはいえ、放出されるのは県民感情的にも決して許されない」と、強い憤りを伝えた。

 県は週明けにも残っている汚水について、改めて焼却処分を求める方針。

 玉城デニー知事は同日の記者会見で「放出しないよう申し入れたにもかかわらず、放出されたことは大変遺憾だ」と憤りを示した。

 海兵隊は26日夜に、県や宜野湾市に汚水の放出を完了したことを伝えた。

(関連)日米政府で協議中だった

(関連)「下水に流さない」と説明していた

(関連)汚水を基地外に放出したい理由