ハンドボールの日本リーグ2021~22シーズンが28日、各地で開幕した。男子昨季10位の琉球コラソンは愛知県の枇杷島スポーツセンターで同4位の大同特殊鋼と対戦し、22―31で敗れた。

 コラソンは前半27分すぎに退場者を出す不利な展開を守り抜き、東江太輝、石川出の得点で13―11と勝ち越して折り返した。だが後半、開始3分間の3連続失点で逆転されると、相手GKを中心とした守備を崩せないまま点差を広げられた。

 次戦は9月4日、同県のウィングアリーナ刈谷で同2位のトヨタ車体と対戦する。