沖縄の棒術は琉球王国時代、中国との交易によって琉球に定着し、中国文化を伝えた久米三十六姓などによって中国の武術と共に伝わったとされる。中国の棒術用の棒は細くて長く弾力があるが、沖縄の棒は6尺を基準にして中国の棒より太いことが特徴だ。