統計学や人工知能(AI)を駆使してデータを分析し、課題の発見や解決に導く「データサイエンス」教育に、琉球大学(沖縄県)が力を入れている。文系・理系を問わず新ビジネスに対応できる人材が求められているためで、昨年度から国際地域創造学部で人材養成カリキュラムを先行スタート。本年度は全学部でデータサイエンスを学べる状況をつくり、県内他大学にもノウハウを提供する。(社会部・下里潤)

 データサイエンスは、医療データを解析して病気リスクの発見に生かしたり、ネットショップの検索履歴から利用者の消費動向を予測して商品を提案したり、幅広く活用されている。

 インターネットの普及で...