【東京】政府は28日までに、沖縄総合事務局の吉住啓作局長を内閣府男女共同参画局担当の大臣官房審議官に充てる人事を決めた。吉住氏の後任には、田中愛智朗政府広報室長が就く。いずれも9月1日付。複数の関係者への取材で分かった。

沖縄総合事務局

吉住啓作氏

田中愛智朗氏(2015年撮影)

沖縄総合事務局 吉住啓作氏 田中愛智朗氏(2015年撮影)

 吉住氏は、新型コロナウイルス緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の期間中だった今年5月に県内離島へ出張し、河野太郎沖縄担当相が「不適切なところが否めない」として口頭と文書で厳重注意した。出張の目的としていた観光ポータルサイトの製作自体も「入念に検討が行われたと言いづらい」などと指摘を受けていた。

 田中氏は2010年5月から12年1月まで、沖縄総合事務局の総務部長を歴任。14年4月から15年7月までは局次長も務めた。

関連:「不適切なところが否めない」と河野沖縄相 沖縄総合事務局長を厳重注意