新型コロナ沖縄の今

妊婦の感染162人に急増 沖縄 7月の5倍 8人が出産し2人早産

2021年9月1日 14:54

[新型コロナ 沖縄の今]

県内の妊婦感染者数

 沖縄県は31日、新型コロナウイルスに感染した妊婦が8月1日から29日までに162人に上ったと明らかにした。昨年の月別最多だった8月の13人の約12倍となった。162人のうち8人が出産し、うち2人が妊娠36週未満の早産だった。県は「妊娠後期の感染は早産が起きやすいという事例もある。主治医に確認の上でワクチン接種を」と呼び掛けている。

 今年、新型コロナに感染した妊婦は1月に14人、2月はゼロだったが、3月に9人となり4月以降は20~30人台で増加傾向が続いている。デルタ株で感染が急拡大した8月には、7月の34人の5倍近くとなる162人に上った。

 県の糸数公医療技監は「8月中に早産になった2人のうち1人は妊娠20週台とかなり早かったため、新生児集中治療室(NICU)での管理が必要なケースだった」と説明。コロナに感染した母親から生まれた新生児は濃厚接触者となるため、生まれてすぐに母親から隔離されるという。

 コロナ患者の出産は中部病院と琉大で対応。北部、宮古、八重山の県立病院でも受け入れ態勢を調整している。

 県によると、妊娠中に感染した妊婦の入院については県内の産婦人科医間で病床確保などを調整している。琉大病院では産婦人科病棟をコロナに感染した妊婦用に転換するなどし、患者急増に対応しているという。

 糸数医療技監は「感染流行の中心となっている20、30代は女性の妊娠年齢でもあり、家庭内に持ち込んで感染する例が増えている。流行全体を抑えなければ(妊婦の感染は)収まらない」として感染予防とワクチン接種の重要性を強調した。

 県内ではワクチン優先接種の対象に妊婦を加える市町村も出ている。那覇市は6~19日に週約250人の優先枠を確保し、2日午前9時から予約受け付けを開始する。ほとんどの市町村が接種券があり主治医が認めた場合に予約が可能。県の広域接種センターでも妊婦の予約を受け付けている。

●疑問・困りごと募集

 新型コロナウイルスの感染が広がり、くらしや経済、学校生活に影響が広がっています。読者の皆さんがいま困っていることを、ぜひお寄せください。沖縄タイムスは、県民の「疑問」や「困り事」などを共有する企画を始めています。

 受け付けは下記から特設サイトにアクセスするか、郵送で郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」まで。ファクスは098(860)3483。メールはshakai@okinawatimes.co.jp

 >>特設サイトはこちら


沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。