沖縄労働局(福味恵局長)は31日、2020年に県内事業所の健康診断で何らかの異常があった「有所見率」が69・5%になり、記録が残る1992年以降最悪だったと発表した。県内の労働基準監督署に報告のあった1123事業所(受診者11万2603人)の診断結果によるもので、全国最下位は10年連続。福味局長は、特に生活習慣に関連した項目で有所見率が高いとし「食生活の偏りや、車社会による運動不足などが要因とみられる」と分析した。

 異常を項目別に見ると、血中脂質が42・9%(全国平均33・3%)と最も高く、次いで血圧24・0%(同17・9%)、肝機能23・9%(同17・0%)となり、ほとんどの項目で全国平均を上回った。

 産業別では製造業が77・5%と最も高く、...