母子2人の尊い命を奪った事故の悲惨さを改めて感じた。

 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し母子が死亡するなどした事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(90)に、東京地裁は禁錮5年の実刑判決を言い渡した。

 判決は事故の原因を、約10秒間にわたりブレーキと間違えてアクセルを踏み続け加速させた過失だと認定した。

 この事故で、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん=当時(31)=と長女莉子ちゃん=同(3)=が亡くなり、男女9人が重軽傷を負った。高齢ドライバーによる痛ましい事故として社会に衝撃を与えた。

 弁護側は車に異常が生じたと無罪を訴え、飯塚被告も「アクセルを踏んでいないのに加速した」と主張した。

 だが判決は、ブレーキランプが点灯していなかったとの目撃者の証言や、車に異常や故障の痕跡はないことなどから被告の主張を否定した。

 求刑は過失致死傷罪の法定刑では最も長い禁錮7年だった。判決は「過失は悪質だが、酒気帯び運転などに伴うものではない」などとして禁錮5年が相当とした。

 実刑判決とはいえ事故の悲惨さや深く反省しているようには見えない被告の態度には最後まで釈然としないものを感じた。

 下津健司裁判長は判決の読み上げ後、被告に「判決に納得するなら、責任と過失を認め、遺族に真(しん)摯(し)に謝っていただきたい」と諭した。被告はしっかり受け止めてほしい。

■    ■

 妻子を失い絶望のあまり2人の後を追うことも考えたという松永拓也さんは今、交通犯罪遺族の会の一員として、講演や国土交通省への要望など事故防止の活動を積極的に続けている。

 裁判では被害者参加制度を利用して被告に直接質問した。「真実を知りたい」との思いからだった。だが、過失を認めようとしない被告に、悲しみと怒りを募らせていた。

 自身のブログに8月、被告へ宛て「私の願い」をつづった。そこには交通事故をなくすための活動に全力を注ぎたい、と記し「『どうすればこういった事故を無くせるのか』という視点を共に持ちませんか」と呼び掛けている。

 今回の事故を教訓に交通事故の被害者や遺族をこれ以上増やさないために何が必要か、社会全体で考えていかなくてはならない。

■    ■

 高齢ドライバーによる深刻な事故が後を絶たない。

 警察庁によると、75歳以上のドライバーが過失の最も重い「第1当事者」となった事故は20年に333件あった。運転免許保有者10万人当たりの件数は、75歳未満の2倍以上に上る。

 池袋の事故後、運転免許証の自主返納が増えた。19年は60万件を超え過去最多を更新した。コロナ禍の20年も55万件超に上った。

 事故が起きてからでは取り返しがつかない。本人が納得した形で返納するよう周囲の助言や後押しも必要だ。