九州南端から台湾近海まで連なる南西諸島の島々で、自衛隊の駐屯地が相次いで建設され、部隊が配備されている。鹿児島県西之表市・馬毛島(まげしま)でも、防衛省が新たな自衛隊基地の建設計画を進めようとしている。アメリカ海軍の空母艦載機による「陸上離着陸訓練(FCLP)」や自衛隊の訓練を行うための基地だが、全体の構想を見ると、ひとつの島をそっくり丸ごと「軍事要塞」にするという異様なものだ。そんな基地はこれまで日本では例がない。騒音や環境破壊はもちろんだが、本当に完成すれば、かつてない「日米一体化」の軍事行動が予想される。現地では不安の声が広がっている。

馬毛島での開発問題に早い段階から取り組んできたのは、地元の漁業者の人々だろう。馬毛島の沿岸部はトコブシやトビウオなどの優良な漁場だが、業者が島で行う樹木伐採などの開発工事によって表土が海に流れ出せば、漁業資源を荒廃させる恐れがある。種子島、屋久島の漁業者らと自然保護団体が、業者による採石事業の工事差し止めの仮処分を鹿児島地裁に申し立てたのは今から20年前。米軍FCLP移転計画が取りざたされるよりもずっと前だ。

馬毛島(奥間政則さん撮影)

以後、漁業者らを中心に工事差し止め請求や、買収地の「入会権」を主張して登記抹消を求めるなど、法廷での闘いが続いている。鹿児島県が昨年、防衛省による基地建設のための海上ボーリング調査を許可した際は、調査差し止めの仮処分申請とともに許可の取り消しを求めて県を提訴。いずれも却下されたものの、今年7月に県が調査延長を許可したことで、再び調査差し止めの仮処分を申請している。

元新聞記者、市長に当選

島とその周辺の自然環境を守ることは、海を糧とする暮らしに直結することである。そしてそれは地域の島の人々の営みとこれまでの歩みにもつながっている。

西之表市では、2017年の市長選で6人が立候補。馬毛島基地建設反対を訴える八板俊輔氏が混戦を制して初当選。今年1月に行われた選挙でも反対を掲げて再選を果たした。

八板氏は、種子島生まれ。大学卒業後、朝日新聞に入社し、主に社会部記者として沖縄の基地問題などの報道に携わってきた。実は私は彼の後輩だ。同社の西部本社社会部などで先輩・八板記者の指導を受けていた。争いを好まない温厚な性格で、丁寧な取材を心がけ、取材相手からも信頼される優れた先輩記者だった。

八板市長は昨年10月、それまでの防衛省の説明をふまえ、「馬毛島問題への所見」と題して自らの考えを記したA4判5枚の文章を公表した。故郷の未来への憂い、島民の分断への苦悩、そして、国民全体に対する切なる問いかけが、そこに読み取れる。

「日本の領土内に新たに土地を取得して、外国軍(米軍)に施設・区域を提供する例は、沖縄の復帰後、馬毛島が初めてとなります・・・米軍は希望すれば国内のどこでも施設(領土)の提供を受ける最初の事例となります」「米軍、自衛隊の補給、集積地として馬毛島が重要な施設となれば、軍事上の標的となり、地域住民の安全が脅かされることになります」

日米安保条約締結から70年。この小さな島に築かれようとしている軍事要塞は、「対米従属」と呼ばれる敗戦後日本の外交政策の中でも異例であることを指摘している。ひとたび米軍の訓練施設となれば、森林などの自然や豊かな漁場は失われる。自衛隊機はまだしも、米軍機の飛行ルートについては地元自治体の意向など一顧だにされない。

「何千年も維持されてきた自然景観が、人為的に替えられます」「私は、今回の訓練施設の設置によって失うものの方が大きいと考えます。先人の知恵を歴史に学び、祖先から受け継ぐ故郷を次代にしっかり伝えなければなりません。静かで豊かな環境も守り、地域本来の力を信じて進む道が、常に私たちの目の前に開かれています」

そして基地建設には「同意できない」との考えを明記している。

読み返すと、冒頭にある「安全保障の課題であるとともに、日本の独立の在り方も問われる重大事です」が重みを持って感じられる。自然豊かな地をこれからも守り続けたいという土着の思想、そして、今や日本国憲法をも凌駕してこの国の「国是」ともいえる「日米安保体制」に対する懸念が綴られた文章だ。

それでも1月の市長選での勝利は僅差だった。

基地建設に抱く強い疑問

市長選と同じ日の市議選で、和田香穂里さんは次点だった。基地建設に強い疑問を抱き、4年前の選挙で初当選。市議として政府の動向を注視しながら、反対の声を上げてきた。惜しくも敗れたが、それでも基地建設反対の意思は変わらない。

和田香穂里さん

2011年に埼玉から夫の故郷である種子島に移住した。自然豊かで星空もきれい、観光地として「手垢」がついてなくて、海も森もそのまま残っている。なによりも都会ではなかなか味わえない人と人のつながりが魅力だった。だが、その年に馬毛島基地化の日米合意が発表される。なんとしても止めなくては、と思った。

「当初は反対の声が圧倒的に多かったです。心情的には8割ぐらいの人がいやだと思っていました」

防衛省の計画は進み、地権者企業との買収合意がなされても、防衛省からは住民の不安を取り除くような、納得のいく説明はいまだにないという。

同省の説明資料によれば、米軍のFCLPが行われるのは年間10~20日間ほど。自衛隊の訓練は、騒音を伴う航空機の訓練だけでも延べ日数は年間250日を超える。第一に心配されるのはその騒音被害だ。

「種子島からは12キロ離れていますが、その間は海があるだけで、音を遮るものはありません。防衛省は『馬毛島では騒音被害を限定できる』と説明します。種子島の人口は約3万人。つまり、それは厚木や岩国に比べて騒音被害を受ける範囲の人口が少ないという意味ではないか、と思うのです。だから我慢してくれ、と?」

種子島上空は飛行しないという説明だが、果たして米軍機がそれを守るかどうかは疑わしい。もちろん心配は漁場の被害や騒音だけではない。馬毛島は紛争が起きた際の兵站拠点となることは間違いない。

「有事の時には真っ先に狙われる。隊員宿舎など関連施設が種子島につくられれば、それも標的に。沖縄戦の記憶を語る方々は、軍隊がいたから狙われたと言われます。しかも自衛隊は住民を守ろうとはしない。住民は狭い島の中を逃げまどわなくてはならないのです」

賛成派からは基地関連の交付金で市の財政が豊かになる、という喧伝もなされ、国からの支援を期待する声も出てきているという。種子島には3市町がある。6月、同じ種子島の南種子町は自衛隊関連施設を町内に誘致する意向を表明。中種子町も施設誘致を進めている。さらに西之表市議会では6月定例会で、馬毛島へのFCLP移転と自衛隊基地整備計画に賛意を示す意見書が可決された。

だが、和田さんは「今も反対の市民の方が多いと思います」。そして「本当の豊かさにあふれた馬毛島・種子島を未来に繋ぎ、ここから平和を発信し続ける意味でも、現市長を支え、市民の力で基地建設を止めたい」と訴えながら、こう呼びかけた。「全国各地からの応援をよろしくお願いします」

マゲシカの住む島

前述のように、馬毛島にはニホンジカの亜種マゲシカが生息している。この島だけに住む固有種ではないが、狭い島域の中で生態系を維持し、「絶滅の恐れのある地域個体群」に挙げられている。屋久島に住み、馬毛島関連の記録を続けている川村貴志さん、未菜さん夫妻に話を聞いた。

馬毛島で生息するマゲシカ(川村貴志さん撮影)

貴志さんは画家。自然環境の豊かな屋久島に惹かれて住み始めた。長年シカの研究を続けている立澤史郎・北海道大学助教(保全環境学)の屋久島での調査を手伝ったのがきっかけで、馬毛島の調査にも協力するようになった。今はアルバイトをしながら未菜さんとともに種子島の人々のインタビューを撮影し、馬毛島の記録を残そうとしている。

馬毛島の魅力をこう語る。「せまい所に生き物の多様性があり、先史時代の遺跡や遺骨、戦争遺跡もある。子供たちが学ぶ場所には最適だと思う」。そのうえで基地建設について「自然環境がひとつ失われてしまう。遺跡も失われ、私たちが過去を振り返ることができなくなる」

川村貴志さん、未菜さん夫妻

シカは種子島にも生息しているが、馬毛島のマゲシカは、せまい島の中で独自の生態系を維持していて、それを観察できることが、世界的にも希少な存在なのだという。農業者にとってシカは害獣のイメージがあるが、無人島の馬毛島では農作物を荒らすことはない。

「現状ですでに絶滅が危惧されている。基地建設によって島の『地面』に手を入れれば、エサがなくなり、移動も不可能になることから危険性はさらに高まります」

クラウドファンディングで資金を募り、撮りためた映像を映画にまとめたり、youtubeで公開したりすることを計画している。「馬毛島の環境を守るには『軍事問題』に取り組むしかない。問題提起をし、多くの人にこのことを知ってもらいたい」との思いからだ。

未菜さんはこう語った。「今活動しているのは、将来、空を飛ぶ軍用機を見てから後悔したくはないから。防衛省は住民の問いかけに論点をずらさず、ちゃんと答えてほしい」

馬毛島、最重要拠点にも

 日本は民主主義国家――。確かにそれは、否定はできないだろう。「小選挙区制」といういびつな仕組みとはいえ、選挙は決められた通りに行われているし、国民が「主権者」であることは憲法にも明記されている。しかし、である。その国民が今まさにこの国で行われていることに目を向けないとしたら、そもそも「民主主義」など正常に機能するはずがない。

 馬毛島という日本列島の南の果ての小島で権力中枢が目論んでいることは、この国の命運をも左右する重大事だ。希少で多様な「生き物の楽園」を潰して、日米両国の軍事機構が自由自在に使うことのできる、いわば「軍事の楽園」にする。むろん訓練をするだけではない。万一、アメリカと中国の間の確執が紛争に発展すれば、最前線の拠点になり、当然、相手からの攻撃目標にもなりうる。

 沖縄の宮古島や石垣島、鹿児島の奄美大島など、南西諸島の島々に配備されている自衛隊の部隊が、島民の安全を守るためのものではなく、アメリカ軍による対人民解放軍作戦構想を下支えするものであることは前回の記事で書いた。馬毛島に造られようとしている基地はその一角にあって、補給を担う最重要拠点にもなり得るのだ。

 もし仮に、これが自衛隊だけが使う基地であったならば、政府もこんな進め方はしないかも知れない。しかし、アメリカ政府との「約束」になれば話は別だ。わが国の政府が「アメリカの御意向」を仰ぎ見るとき、「地元住民の声」など耳に入らず、ものの数ではなくなることは、沖縄・辺野古の米軍基地の埋め立て工事で、いやというほど思い知らされている。このままいけば、辺野古と同様、「敗戦後日本」の「対米従属」の風景を馬毛島でも目の当たりにさせられるかも知れない。

 だが、政府のせいにしてはいられない。もし「主権者」たる国民がこの事態に無関心を決め込んで見て見ぬふりをするならば、その責任こそがなによりも問われるべきなのだ。今、私たちの国は何を行おうとし、どこへ向かおうとしているのか。もう一度、見つめなおし、考え直すことは、ほかならぬ日本国と私たち日本人自身を守るためにほかならない。

▽目次

1.島々を日米同盟の「盾」にする要塞化計画 鹿児島県・馬毛島で何が起きているのか
2.一社長の軍事化計画、現実に 160億円で買い取られた島「第2のディエゴガルシア」へ
3.米軍訓練基地を新設「沖縄の復帰後、馬毛島が初めて」 南の果ての小島で権力が目論むこと