関西空港の2018年台風被害 近畿地方を縦断した台風21号により、大阪湾に造られた関西空港で、1994年9月の開港以来最大の瞬間風速58・1メートルを観測した。運営会社の関西エアポートによれば、高さ5メートル以上の波が「1期島」と呼ばれる人工島の護岸を越え、滑走路や電源設備が浸水した。タンカーが衝突した連絡橋は、橋桁が壊...