日本のアフガン退避作戦 イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンからの退避支援のため、日本政府は当初の民間チャーター機による出国計画を変更し、8月23日に自衛隊の派遣を決定した。自衛隊の活動は首都カブールの空港内に限られた。26日には空港付近で自爆テロが発生。