紀伊半島豪雨 2011年9月、台風12号により紀伊半島を中心に記録的な大雨が降り、各地で河川の氾濫や土砂災害が起きた。和歌山で56人、奈良で15人、三重で2人が亡くなり、3県で計15人が行方不明となった。他に埼玉、兵庫、広島、徳島、香川、愛媛の6県で計10人が死亡。気象庁の警報が、自治体の避難勧告、指示の発令や住民の迅速...