4日午後4時35分ごろ、沖縄市池原で「民家の建物内で煙が充満している」との119番通報があった。沖縄市消防本部や沖縄署によると、同日午後7時45分ごろ鎮火したが、鉄筋コンクリート造りの平屋内部が全焼。平屋で1人暮らしをしていた男性(66)の死亡が確認された。同署が死因などを調べている。

消防車(資料写真)

 同日午後6時15分ごろ、消火活動が続く現場では煙の臭いが漂っていた。近くに住む女性(68)は「午後5時前にポンポンポンと爆発音が聞こえた。火は見えないが煙がすごかった。いったい何があったのか」と心配そうに見つめていた。