朝刊より早く告別式の情報をお届けする「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」アプリ。ダウンロード数が1万8千となりました。利用者の皆様からは「ゆとりを持って準備でき助かる」「直接参列できなくても弔電・香典・供花の手配ができ便利」などの声をいただいています。お世話になった方との最後のお別れ「告別式」は、人とのつながりを大切にする沖縄県民にとって何より大事な情報の一つ。これからも、みなさまの思いに寄り添い、お役に立ちたい。「しまダビ」アプリをぜひ、ご活用ください。

 

「しまダビ」アプリはこちらから

40代男性 取引先への対応に活用

 豊見城市で会社を経営する40代男性は、しまダビの更新通知をチェックして翌日に備えるのが毎日のルーティンだ。「会社として、お客さま、取引先に何かあったかどうかを知りたいというのが利用している一番の理由」と話す。「以前は、午前中に現場に出て、午後に取引先の告別式に気づき『あっ』ということがあった」。しまダビがリリースされてすぐ利用を始めた。人員の多い会社ではないので、告別式の確認から手配までほぼ一人で担う状況でもある。

「以前だと紙面を見て、お取引先に花を贈るとなったら、そこからお花屋さんに電話して、紙に書いて、FAX送って、説明して注文して…。その手順がアプリの中で一発でできるのですごくありがたい」。一元的に手配できる便利さを実感する。
 さらに、しまダビでは「登録機能」もある。年齢や地域のほか、得意先の社名などキーワードの登録ができ、設定内容と関係しそうな告別式情報に「あなたとの関連」マークが表示される。男性は「取引先リストのようなものを登録しておいて通知が来るような仕組みがあるといいと思っていた。魅力的な機能」と、関心を示した。


「しまダビ」アプリはこちらから


しまダビ登録方法は動画からも確認ができます。