東京五輪カヌー・スプリントに出場した當銘孝仁(沖水高-大正大出、三条市スポーツ協会)が6日、出身地・糸満市の當銘真栄市長を市役所に訪ね、出場を報告した。當銘は声援に感謝した一方、レース本番を「不完全燃焼だった」。現在は現役続行を目指し、活動資金を集めるためにスポンサー企業を探していることなどを説明した。

 當銘は8月6日、男子カナディアンシングル1000メートルに出場。予選は組7位、準々決勝も組6位となり、準決勝には進めなかった。「重くて全然こげなくて。翌日、軽く練習すると全然大丈夫で、余計に何でこげなかったのかが分からない」と首をかしげる。

 「納得する形で終わりたい。できればもう一度挑戦したい」と競技を続けるため、所属先の新潟県を軸にスポンサー集めに奔走する日々だ。...