沖縄県座間味村が、村営船の売上金の推定4千万円を横領したとして、40代の男性課長補佐を6日付で懲戒免職したことが7日、分かった。元職員は那覇市の泊港内で船のチケットを売る那覇出張所の所長を3月まで務め、在任時に売り上げを着服していた。村が本人に確認したところ、事実と認めたという。村関係者によると7日、那覇署に出頭した。

座間味島

 村によると元職員は2016年4月から21年3月まで所長を務め、4月に村役場へ異動した。出張所の収支に疑問を抱いた複数の職員の内部告発を受け、8月から村が調査していた。

 その結果、出張所の職員が乗船人数と帳簿などの二重チェックを終えて帰宅した後、元職員が不正行為を働いていたことが発覚。

 一部の乗客をキャンセル扱いにして人数などを記した伝票を書き換え、払戻金が発生したと見せかけるなどの方法で着服していたという。

 複数の地元関係者によると、着服金を競馬の馬券購入などに充てていた。

 宮里哲村長は沖縄タイムスの取材に「世間がコロナ禍で苦しいさなかの不祥事で、誠に申し訳ない」とコメント。

 着服の要因は「ミスや不正が発生しないよう二重チェックを徹底していたつもりが、責任者本人の行為を防げなかった。出張所という状況も見張りの目が行き届かなかったのかもしれない」と語った。

 村は05年にも職員が村営船の売上金約650万円を抜き取る不祥事があった。