沖縄タイムス+プラス ニュース

考古学者も「驚いた」 線刻石器が首里城から出土、沖縄で初

2017年2月4日 09:36有料
9秒でまるわかり!
  • 線刻石器と中国南宋の銭が首里城で発見された。県内で初の出土
  • 帆船などが描かれた石器は「航海安全を祈願して作られたものか」
  • 南宋の銭は正式な銭を示す三日月模様があり「国内でも希少性高い」

 沖縄県立埋蔵文化財センター(金城亀信所長)は3日、首里城京の内地区から帆船や魚が刻まれた線刻石器と、三日月の文様が施された中国南宋の銭「紹興元寳(しょうこうげんぽう)」(1131年鋳造)を発見したと発表した。いずれも県内で確認されたのは初めて。

連載・コラム
記事を検索