非常に強い台風14号は8日午後3時現在、フィリピンの東にあって、時速20キロで西南西に進んでいる。中心気圧は940ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートルで、最大瞬間風速は70メートル。台風は今後も勢力を保ったまま11日から12日にかけて台湾方面へ進む見込み。台風が予報円の東側を進むと、週末には沖縄の先島諸島にかなり接近する恐れもある。

台風14号の経路図(気象庁HPから)

 台湾付近から北寄りに転向してくる可能性もあり、気象庁は台風情報への注意を呼び掛けている。

 沖縄気象台によると、沖縄本島中南部と本島北部の雷注意報は、8日夜のはじめ頃まで継続の見込み。久米島でも8日は雨雲の発達状況によっては雷注意報を発表する可能性がある。また、10日にはは、台風14号からのうねりの影響で、次第に波が高くなるため波浪注意報を発表する可能性があるとしている。