名護市辺野古の新基地建設に伴い沖縄防衛局が強行しているサンゴ移植について、沖縄県が近く日本サンゴ礁学会に意見を照会することが、8日までに分かった。学会の見解を受けて、夏場の移植を避けるよう求めている県の主張の正当性を補強する狙いがあり、世論にも広く訴えたい考えだ。