[ニュース断面]

 次期衆院選が近づく中、沖縄1区で立候補を目指す下地幹郎氏(無所属)の自民党復党は厳しい局面を迎えている。「保守合同を実現し沖縄の未来を創る会」(国場幸一会長)は9日、自民党県連の中川京貴会長らに下地氏との協議をセッティングするよう求めたが、県連は下地氏の復党協議には応じない構えだ。退陣を表明した菅義偉首相など、復党の後ろ盾とされる人々の動向も「実現は困難」(党本部関係者)との見方に拍車を掛ける。(政経部・山城響、東京報道部・新垣卓也)

 中川会長は「重要選挙で勝つために保守がまとまるための話し合いなら」と、下地氏との協議に条件を付けた。下地氏の復党を認めないとした県連常任総務会の決定が今後、覆る余地はあるのかを記者団に問われ「組織の決定が後戻りすることはない」と断言した。

 自民側が今後協議に応じなければ、保守は分裂したまま衆院選を迎える公算が大きくなる。保守合同の会の幹部は「衆院選に勝つには協議も下地氏の復党も必要で、地元のことは地元で決めるべきだ」と強調した。

 「県連がダメだと言ってることには首を突っ込めない。無理やり復党させれば、自民は割れる」。党本部関係者は、下地氏の復党に厳しい見方を示す。...