米海兵隊太平洋基地は9日、沖縄県内全ての海兵隊基地や施設で、有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)やPFOA(ピーホア)を高濃度で含む泡消火剤を全て代替品に交換したと発表した。旧消火剤は、日本政府が認証している日本本土の施設で焼却処理するため輸送したとしている。何らかの理由で生じた泡消火剤を含む汚水は、依然残っているとみられる。

 新たな製品は「米国防総省の要求を満たし、火災時にこれまでと同等の効果を発揮する」としている。ただ、海兵隊は代替の製品名を明らかにしておらず、PFOSやPFOAを全く含まないかも不明。...