元職員が公金4千万円(推定)を横領していた座間味村で、新たに村観光協会元職員の横領が明らかになった。宮里哲村長が事実を知りながら公表しなかったことに、村関係者は「村としての管理能力に傷が付くと恐れて公表しなかったんじゃないか」といぶかしむ。(社会部・矢野悠希)

 「公にしないでほしい」。宮里村長は横領が発覚すると理事会メンバーに外部に発表しないよう求めていた。これについて宮里村長は「組織を守りたいという気持ちがあったかもしれない」と釈明した。

 村営船の売上金を横領した元職員は刑事告訴する意向を示す一方で、観光協会元職員については内々の処分で済ませた。非公表の理由について「あくまで協会のことだった」と釈明する宮里村長。しかし、元職員本人を交えた話し合いは村役場の村長室で繰り返し行われた。

 協会は横領発覚後、...