猛烈な台風14号は10日午前6時現在、フィリピンの東にあって時速20キロの速さで西北西に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は55メートルで、最大瞬間風速は75メートルに達している。台風は今後、12日から13日に沖縄の先島諸島にかなり接近する見込み。八重山地方では、12日は猛烈な風が吹き、海上では猛烈にしける。沖縄気象台は暴風や高波への厳重な警戒を呼び掛けている。

台風14号の経路図(気象庁HPから)

(拡大図)台風14号の経路

台風14号の経路図(気象庁HPから) (拡大図)台風14号の経路

 宮古島地方の11日は、台風の進路などによっては大しけとなるおそれがある。

 12日に八重山地方で予想される最大風速は30~40メートルで最大瞬間風速は40~60メートル。先島諸島では、12日は猛烈なしけとなる見込み。また、沖縄本島地方でも12日はしける。
 
 先島諸島では、12日は台風周辺の発達した雨雲がかかり、大雨となる所がある見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。気象台は最新の台風情報を確認し、早めの台風対策を呼び掛けている。