当初は乗り気でなかったが…「忘れられない思い出に」

 ハーフコースを約2時間で完走した田中日香留さん(16)、岡崎ゆりさん(17)、和田香澄さん(17)は「アップダウンがきつかった」と口をそろえる。普段から走っているが、この“難所”を2度も走らせるコースは「えぐかった」。頑張れたのは、お年寄りや小さい子供たちが沿道で応援してくれたから、と話す。

 当初、修学旅行でマラソンという企画に乗り気ではなかったが「風が大阪と違って心地よかった。海岸線、沖縄らしい古民家の風景とか全部良かった」とすがすがしい表情。

 民泊で地元住民との交流も深めた。サッカー部の渡邉翔太さん(17)、松尾悠也さん(17)、寺尾稜人さん(17)は「家族みたいに迎えてくれた」。ソーキそばやタコライス、パパイア炒めを食べ、島の人の優しさや温かさを感じた。「普通の修学旅行だったら味わえなかった。忘れられない思い出になります」と話した。

 

10キロの部は名嘉さんと東江さんが優勝

 伊是名尚円王マラソン大会10キロの部男子は名嘉琢矢さん(31)=名護市=が43分4秒、女子は東江静乃さん(44)=沖縄市=が50分30秒で制した。

 5キロの部男子は安里永さん(56)=本部町、女子は本松千恵さん(38)=那覇市、3キロの部男子は東江智輝さん(14)=沖縄市、女子は東江真莉乃さん(10)=沖縄市=がそれぞれ制した。