沖縄美ら島財団総合研究センター(沖縄県本部町)と京都大学大学院地球環境学堂らの研究グループは10日、国内に自生するキク科植物「アオヤギバナ」と同種として認識されていた沖縄島の植物が、やんばる固有の種だと明らかにしたと発表した。「ヤンバルアオヤギバナ」と名付け、新種報告した。

自生するヤンバルアオヤギバナ(沖縄美ら島財団提供)

 両種は、河川が増水した際に水没する「渓流帯」に限って生息する「渓流沿い植物」。

 遺伝子分析などの結果、沖縄島と屋久島以北のアオヤギバナは直接の血縁関係にないことが判明した。

 陸上に自生する共通の祖先から、琉球系統と本土系統に分かれて独自に進化したことが示された。異なる系統だが、渓流帯という同じ生育環境で生きてきたことで、見た目が似た形で進化する「平行進化」が起きたことが分かった。

 ヤンバルアオヤギバナは、沖縄島内でも限られた河川にしか分布していないという。同センター植物研究室の阿部篤志上席研究員は「やんばる固有の植物と分かり、その植物はもちろん、生育環境を守る重要性が示された。引き続き、植物多様性や保全に向けて取り組みたい」と話した。

 研究成果は学術誌「アクタ フィトタクソノミカ エト ゲオボタニカ」に掲載された。