【久高泰子通信員】世界各地で石垣島の清ら海を伝えながら、陶器・石垣焼の展示会を開き、国内外で評価のある石垣市の陶芸家、金子晴彦さん(55)が12月8~11日、パリのカールセル・ルーブル会場で開催されたサロン・ナショナルデボザール(SNBA)に作品を出展し、好評を浴びた。