沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古:海上の本体工事に着手 汚濁防止膜設置へ作業

2017年2月6日 09:12

 沖縄防衛局は6日朝、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に向けた海上での埋め立て本体工事に着手した。午前8時50分までに、米軍キャンプ・シュワブ沿岸で大型船に乗り込んだ作業員が、クレーンを使って作業を始めた。汚濁防止膜を固定するコンクリートブロックの投下も近く始まる見通し。

クレーンを上げ、作業を始める台船=6日午前8時59分、沖縄県名護市辺野古

 海上での埋め立て本体工事に着手するのは初めて。汚濁防止膜は護岸新設やケーソン設置を前に、濁った海水が周囲に拡散することを防ぐために設置するもので、辺野古新基地建設事業は節目を迎え、新たな段階に入った。

 防衛局は2014年7月に埋め立て事業に着手し、海底地盤の強度を調べる調査や、埋め立て工事に向けた実施設計を進めてきた。15年10月には、シュワブ内の陸上部分で本体工事が始まっていた。

 今後、大型コンクリートブロック228個を海底へ投下する予定。大型の海底調査船も辺野古沿岸に停泊しており、24地点のうち、残り1地点となっていた海底掘削(ボーリング)調査も再開する。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS