2013年から沖縄平和運動センター議長として反戦平和運動をけん引してきた山城博治氏(68)が退任した。これまでの取り組みや、沖縄を取り巻く環境の変化などを聞いた。(聞き手=政経部・松田駿太)

これまでの平和運動を振り返る山城博治氏

 ―活動で得た成果は。

 「辺野古ゲート前の活動で大衆運動の波をつくれた。抗議を始めた14年はマイクは1本、10人程度で基地建設反対を訴えていた。その後、民意のうねりもあり連日100人以上が足を運ぶ大衆運動をつくれた。事務局長だった04年の第1次辺野古闘争で、当事の小泉政権に辺野古の海上案を断念させたことも成果だ」

 ―悔いもあるか。

 「高江のヘリパッド建設や辺野古の工事着手を止められなかった。現場で抗議の声を上げ続けたが、政府の計画が進んでいることに、忸怩(じくじ)たる思いだ」

 ―現場で感じる変化は。

 「新基地建設の強行に加え、チョウ類研究家の宮城秋乃さんの家宅捜索など権力による弾圧がむきだしになっている。またドローンの飛行制限や土地規制法案による監視など基地を市民から遠ざけ隠す動きがある」

 ―今後も運動は続けるか。

 「一生現役。いつでも大衆運動の中にいる。元気な間は現場を走るつもりだ。私が運動に関わり続ける原点は、同じ志を持った仲間たちと命をかけて抗議しながら、歌い、語り、踊りあう、そこに感じる喜びである。議長を退任して運動への関わり方は変わって来るが、これからは本当の一市民、一大衆として参加していく」

 ―具体的にどう運動に関わっていくか。

 「一つは辺野古新基地建設と沖縄県内の米軍基地問題への抗議。それから宮古・八重山、与那国を中心に南西諸島の軍事化が進んでいる。私の自宅近くのうるま市勝連にも、自衛隊の地対艦ミサイル部隊が配備される。日米両政府により県内全域で対中のミサイル配備が進み、島が再び戦場になる懸念がある。県民誰もが無関係ではない今、かつての本土復帰運動のように、県民が自発的に参加するような大衆運動を構築していきたい」

 ―新型コロナウイルス感染症が拡大する中での平和運動について。

 「沖縄の社会や経済が感染予防対策で自粛するなか、平和運動だけを実施する訳にはいかない。だが、コロナ禍においても、政府は辺野古の埋め立て予定地でサンゴ移植を強行し、工事を進めている。基地問題に関する課題が山積するなかで、平和運動ができないことは苦しい」

 「また、玉城デニー知事が辺野古の埋め立て申請を不承認とする際に、本来であれば、それを支持する県民大会が必要だが、この感染状況ではそれも難しい。来年は日本復帰50年の節目となる。コロナの感染状況にもよるが、来年の5・15平和行進は一般市民も巻き込んで5千人規模の行進を実施したい」

 ―抗議運動の現場で意識していたことは。

 「一般の市民が抗議現場にまた足を運びたいと思ってもらえるような雰囲気を目指した。過酷な現場をギスギスした空気にさせないよう、歌やダンス、三線の音でリラックスできるよう意識した。また、格式ばったあいさつはせず、真剣な話も、聞く人の集中が続くよう、3分以内と決めていた」

 「その雰囲気の中で、辺野古の抗議現場では新しい歌がいくつも生まれ、歌い継がれてきた。病で現場を離れたときも、抗議行動で逮捕され長期間勾留された時も、早く現場でみんなと合流したいという思いで、さみしさはなかった。僕自身が歌とその思い出に触発されていた」

 ―沖縄政策に深く関わってきた菅義偉首相について。

 「嫌になるくらい毒々しい。彼が官房長官となった翌年、僕は議長に就任した。地元の意向は一切無視し、沖縄を弾圧するため、いかなる手段も選ばない姿勢だった。」

 「特に悔しかったのは、2015年、辺野古移設を巡る協議のなかで、翁長雄志知事(当時)に対して菅氏が『私は戦後生まれなので沖縄の歴史は知らない』と言い放ったこと。ここに彼の底の浅さが象徴されている。実は翁長氏と菅氏は私と同じ大学の先輩。同窓の先輩である菅氏が高江や辺野古の建設を先導していたことに悔しさがある」

 「菅氏の退陣を、亡くなった翁長氏に報告したい。沖縄に向かいあってくれる風通しの良い、翁長氏の思いを受け止めてくれる政権・政府ができることを望みたい」

(関連)平和運動センター 後任に4共同代表