[沖縄振興49年の姿](8)

 「沖縄に毎年3千億円は大変多い」-。ことし5月、県の政府・与党への要請行動の後、県企画部の宮城力部長はこのような意見があったと県議団に説明した。沖縄は予算をもらい過ぎだ-。こうした反応は、国の沖縄関係予算を各府省分まとめて内閣府の沖縄担当部局が計上する「一括計上方式」が招いていると識者は指摘する。

 一括計上方式は日本復帰時に設置された沖縄開発庁(現内閣府沖縄担当部局)が各省庁の補助金などを効率よく確保しようと制度化された。他県の場合は省庁ごとに予算化され実像が見えにくいが、沖縄は同方式による総額が発表される。沖縄が別枠で振興予算を受け取っていると誤解される原因、というわけだ。

 国や地方の財政に詳しい池宮城秀正・明治大学名誉教授は...