非常に強い台風14号は12日午前7時現在、与那国島の南南西約150キロにあり、時速20キロの速さで北へ進んでいる。中心付近の最大風速は50メートル。最大瞬間風速は70メートル。台風の中心から半径85キロ以内という広い範囲で暴風警戒域となっている。石垣島地方気象台は12日午前4時ごろ、与那国島地方に暴風警報、宮古島地方に波浪警報を発表した。

台風14号の経路図(気象庁HPから)

 台風の接近に伴い、八重山地方では、12日昼前から南の暴風となり、12日昼過ぎから12日夜のはじめ頃にかけて南の猛烈な風が吹く見込み。気象台は、「過去に接近した台風では、風速40メートル以上の猛烈な風が吹くと電柱の倒壊や車両の横転、住家の倒壊などの被害が発生している」として、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重な警戒を呼び掛けている。

 宮古島地方や沖縄本島地方でも強風に十分な注意が必要。

 八重山地方では、台風の周辺の発達した雨雲がかかり始めており、断続的に1時間に30ミリの激しい雨が降っている。12日は台風の中心付近の発達した雨雲がかかり、多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込み。気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼び掛けている。13日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で180ミリに達する見込み。