石垣市内の自宅で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)被告(53)の第2回公判が6日、那覇地裁(潮海二郎裁判長)であった。被告人質問で、弁護人から国内で二度と大麻を使用しないと約束できるかと問われ、高樹被告は「約束します」と述べた。