【名護】名護市の稲嶺進市長は6日、海上工事着手について「ごり押し、これでもか、と政府が一方的にやる姿勢。県民は非常に怒っている」と批判した。 菅義偉官房長官が同日、「国と県が協力して誠実に工事を進めていく」と述べたことに、「機動隊や海保の暴力的なまでの排除を見ると、誠実どころではない」と反論。