沖縄防衛局は6日、名護市辺野古の新基地建設工事で汚濁防止膜の設置作業を始めた。国は埋め立て作業に必要な手続きは終えたとの立場だが、県は環境保全策を確認する事前協議や岩礁破砕許可の新たな申請が必要だと指摘。主張が平行線のまま工事が進めば、県は何らかの対応をする方針で、先行きは波乱含みだ。