沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古着工:県民の「あきらめ」狙う 工事に5年、形勢逆転も

2017年2月7日 15:00有料

 名護市辺野古の新基地建設で、海上での本体工事が始まった。海上作業ヤードの整備や護岸の新設、埋め立て土砂の投入と続く予定で、自然環境に大きな影響を与え、後戻りができない。トランプ米政権と「辺野古が唯一」と確認した日本政府は、新基地建設に反対する県民の「諦め」を狙い、強硬姿勢に拍車を掛けるとみられる。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気