[”指導”という名の暴力] 沖縄県立コザ高校で運動部主将の男子生徒が顧問から日常的に叱責(しっせき)され自ら命を絶った問題を受け、本紙は4月からインターネットで学校の行き過ぎた指導の体験や疑問を募ってきた。今でも読者から情報が続々と届いており、問題の根深さがうかがえる。