自民党の石破茂元幹事長が、菅義偉首相の後継を決める「ポスト菅」レースから脱落した。石破派内で求心力が低下する中、総裁選立候補へ展望が開けず、万策尽きた形だ。代わりに活路を見いだそうと、河野太郎行政改革担当相との連携へ踏み込む方向。河野氏側に立って勝利すれば、自派で要職を確保できると計算する。