アステラス製薬は14日、筋力低下が進行する難病の乳幼児ら向けに開発中の遺伝子治療薬を巡り、臨床試験(治験)で投与した患者1人が死亡したと発表した。米食品医薬品局(FDA)から治験中断の通知を受け、今後の方針を当局と協議する。  治験は5歳未満の「先天性ミオパチー」の一種の患者が対象。